【WEALTHNAVI】新規口座開設の流れとオススメ準備を画像付きでご紹介♪

ウェルスナビ初心者, 共働き夫婦の長期分散投資

国産ロボアドバイザーx元財務省の柴山代表で有名なWEALTHNAVI(ウェルスナビ)。

実は11月1日から、超お得なキャンペーンを開始。

というのも、最低入金額が今までで最も少ない 10万円 で始められるんです!!

[ 早速公式サイトを見たい場合はこちら↓ ]

WEALTHNVI10万円から始められるキャンペーン中

昨年のサービス当初(2016年1月)は最低入金額が100万円

途中で30万円 (←私はここで加入)

ついに10万円で利用開始が可能に!

それも、WEALTHNAVIのいいところは、ずっと最低入金額を入れておく必要はない点。
(詳しくは、別記事にてご紹介予定♪)

特に我が夫婦の場合、夫がWEALTHNAVI担当になりましたので、今回は夫名義の口座開設を今のキャンペーンの時期にしてしまおう!と。

というわけで。
今回は、

まだ口座開設していない方
少しやってみようと思っているという方向けに、

口座開設までの流れを画像付きで(あらかじめ準備した方がいいものなども踏まえて)ご紹介していきます♪

【注意点】このサイトの情報は画像も含め、2017年11月12日現在のものです。
実際の登録時と異なる点がある可能性がありますのでご留意くださいませ。
また個人的な見解を含んだ記事なので、投資時にはご自身にて再度ご検討・決定くださいませ。

スポンサーリンク

WEALTHNAVI口座開設までの全体の流れ

口座開設から利用開始までは以下の流れです。
(ほとんどがオンライン作業ですね。)

メールアドレス認証【オンライン】

個人情報の入力【オンライン】

マイナンバーカード登録【オンライン】

各規約への同意【オンライン】

口座開設のお知らせ受領【簡易書留の郵送】

なので、申し込んだその日に即日利用開始はできないですー。

さて、お次は準備物。

申込前に準備しておくとよいもの

実は我が夫婦、事前準備なしに公式サイトから申込を試したんですが、完全な準備不足で最後まで申し込み完了ならず、、、

いったん撤退したという経験がありますw

というわけで、みなさまには以下の準備を整えてからのお申し込みをオススメいたしますー笑

[ スポンサーリンク ]


登録用メールアドレス

WEALTHNAVIは、登録したメールアドレスをログイン時に使用します。

そのため、テキトーで日々使わないメールアドレスなどを登録すると困ります
(いざ管理画面にログインしたい時、「……あれ?」汗)

また、各配当金が入った際などにもお知らせメールが届くため、メールアドレスはできるだけ日ごろ利用しているものを登録するのがオススメです。
※なお、お知らせメール内に金額や詳細は記載されず、ログインが必須な仕組みです。

本人確認情報とは

ロボアドバイザーを利用するためには、オンラインで本人確認情報の画像をアップロードする必要があります。

運転免許証+個人番号通知カード
マイナンバーカード

どちらか一方を満たせばよいみたい。

なお、上記が準備できない場合や、上記情報についての注意書きはこちら↓
(WEALTHNAVI申込画面の画像を引用しておりますー)

▼運転免許証・個人番号通知カードをお持ちでない場合
Wealthnavi口座開設の流れ)その他条件
▼個人番号通知カードについて
Wealthnavi口座開設の流れ)個人番号通知カードの場合

【補足】マイナンバーカード発行の流れ

ちなみに我が家は、

今後住宅も購入予定のため、確定申告が出てくる……

という点を踏まえ、夫が、まだ持っていなかったマイナンバーカードをこの機会に準備することに。
(それも、夫は通知カードを一度紛失していて、それを再発行したタイプだったことから、マイナンバーカードのオンライン申請ができず、、、
郵送というアナログ手法での申し込みとなりました。苦笑
今度、その一連の過程も記事にしたいなぁ~)

というわけで、一応簡単にマイナンバーカード発行の流れをお伝えしておきますね。

マイナンバーカード申請【オンライン・郵送】

市町村役場で受け取るための連絡票が届く【郵送はがき】

はがきに書かれた準備物を持参し、受領+パスワード設定【市町村役場へ】

って感じです。
夫の場合、郵送で申し込み後、1か月ほどして連絡票が届きました。
市町村役場での手続きは……5分くらいでしたねw
(パスワードを事前に書面に書いて準備してあったのが良かったのかも?)

[ スポンサーリンク ]


本人確認情報は両面の画像を準備しよう

なお、各情報は画像でのアップロードが必要なので、両面を撮影して、PCかスマホに画像データとして準備しておいた方がいいです~

ちなみに我が夫はPCで申し込むパターンだったので、Windowsに備わってた画質の粗いカメラで撮影しましたw

(各個人情報のデータがオンラインで漏れると、かなり悪用の幅が広くなります。
そのため、個人的には、申込操作をするデバイス単体で画像の撮影をオススメします。
ちなみに、スマホで撮影してLINEで送ってPCで見る、っていうケースだと、LINEが乗っ取られ、画像履歴が残ってて悪用、、、等もあり得ますから、いろいろお気を付けを。)

さて。
メアドと本人確認画像が揃ったら、早速申込です♪

【実録】WEALTHNAVI口座開設申込をやってみた

ちなみに今回は、夫が無料診断をやったことがなかったので、先に無料診断から行いました。
(早速口座開設から始める場合、
「無料口座開設」(PCの場合は画面右下、スマホの場合はページを下に進んで表示される右下)をクリック)

Wealthnavi登録の流れ)まずは公式サイトで無料診断から開始
Wealthnavi登録の流れ)診断を始める、から6つの質問に答えます

結果はリスク許容度2。
夫らしいなー堅実で慎重派な。
※ちなみに、このリスク許容度に応じてロボの動きは変わります
しかし、後から変更できるので、ここではあんまり気にしなくってOKです~

さて、それが終わったら「次へ」
Wealthnavi口座開設の流れ)夫は診断したらリスク許容度2でした

ページを下に進むと、口座開設のお申し込み画面が出てきます。
(このページ、メアド登録画面が上にあった方がわかりやすいと思うんですがねぇ、、、んー。)

そこに、登録用メールアドレスを入力して、「次へ」。
Wealthnavi口座開設の流れ)メールアドレスを入力して登録認証

するとメールが登録したメアド宛に届きます。
メールを確認しましょう。
<<<準備中>>>

続いて、お客様情報の入力です。
全箇所、必須項目なので埋める必要があります。

で、終わったら「登録」をクリック
Wealthnavi口座開設の流れ)お客様情報を入力する欄

お次は、準備しておいた本人確認画像の登録(アップロード)です。

[ スポンサーリンク ]


今回我が夫はマイナンバーカードだったので、右側画像を選択し、表、裏それぞれをアップロードしました。

ちなみに、アップロードするとデータがちゃんと画面で確認できます。

裏表が間違いなくアップロードできていたら、「次へ」
Wealthnavi口座開設の流れ)本人確認情報の登録

▼運転免許証・個人番号通知カードをお持ちでない場合
Wealthnavi口座開設の流れ)その他条件
▼個人番号通知カードについて
Wealthnavi口座開設の流れ)個人番号通知カードの場合

次は規約関連です。
一応ちゃんと読んだ方がいいです。

特にここで気にかけたいのは、「源泉徴収あり特定口座を希望します」という項目。
(上から3つ目の→マーク)
クリックすると、詳細画面が開き、説明書きがありますので、これは一度確認した方がいいかと。

普段、確定申告をしていない方はこのまま特定口座の方がいいと思います。
特定口座にしておくと、WEALTHNAVI利用開始後も確定申告せずに済むからです。
(WEALTHNAVI社が代わりにやってくれます。)

ただ、WEALTHNAVIが各税金処理をするのは心配だとか、自分で確定申告をきっちり全部やる、という方の場合は別の選択肢の検討ですかね。

で、全部確認したら「申し込む」をクリック
Wealthnavi口座開設の流れ)規約同意画面。特定口座の記載を特に読んでおくとよきかと

申し込み完了後、簡易書留の受取時期指定ができます。

土日しか家にいない、という方は、「土日希望」を指定しておくとよいかと^^
我が家は不定期でいるので、「指定なし」のまま「配送希望を決定」をクリック

Wealthnavi口座開設の流れ)簡易書留の配送日を多少指定できます

[ スポンサーリンク ]

するとこの画面になります。お疲れさまでしたー
Wealthnavi口座開設の流れ)申し込み完了画面

【余談】
上記お申し込み完了時の「ホームに戻る」をクリックすると、ログイン画面が表示されました。

というわけで、登録メアドとパスワードでログインしてみたところ……
Wealthnavi口座ログイン画面

おぉぅ、さっきのお申し込み完了画面(③)に戻るみたいw

つまり、簡易書留受領までは、ログインはできても使えなさそう、と実感。

オンライン申込から何日で利用開始可能?

今回夫のケースでは、日曜に申し込みを行ったところ、水曜の午前中に届きました。(おそらく火曜に発送した感じですね。)

だいたい2営業日っぽいですが、土日をはさむと申込者が急増して、手続きが遅れ、火曜日発送の水曜日着、が多そうですかねー。

スポンサーリンク